arduinoとマイク(ECM)のテスト12010/04/19 00:00

arduinoにマイクを接続して、analogreadでその値を拾ってみる。
使用したのはスイッチサイエンスさんから購入したECMモジュール。

■スイッチサイエンス - エレクトレット・コンデンサ・マイク・モジュール
 http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=141

以下のようにつなげてみる。

analogreadで読み取った値は、512を中心に上下した感じの値が得られた。
ここで、「あー」とか「うー」とか言えば、マイクが拾った音に合わせてanalogreadの値が上下するハズだった…が、マイクの間近で何を言っても、analog値の上下幅は50弱だった。

ECMで取得できる値はとても小さいので、通常は増幅する回路と一緒にする必要があるのは、以下のサイトで知っていた。今回使用したモジュールは、増幅機能(100倍)とセットになっているので、素直につなげばイケる?と思っていたが、うまくいかなかった。0番ピンじゃダメかしら?という事で2番でやってみても同じだった。何かが抜け落ちているらしい。

■なんでも作っちゃうかも
 Arduinoで遊ぼう - エレクトレット・コンデンサ・マイクでオーディオレベルメータを作る
 http://arms22.blog91.fc2.com/?tag=ECM

上記サイトでは、LM386という機能で増幅を行っているが、今回使ったモジュールから出力された値をさらに増幅する必要があるのだろうか…? なんか深みにハマった感じで、つづく…




コメント

_ TOS ― 2011/04/21 18:01

その後どのように解決されましたか?

_ aki ― 2011/04/24 22:40

結局、このモジュールは使えないと思ったため、別途マイクを用意してLM386で増幅する方法を取りました。
このモジュールですが、スイッチサイエンスさんに不具合報告をした所、スイッチサイエンスさん側でも同じ症状が見られ、それが仕様なのか初期不良なのかどうかよくわからんという状態となりまして、ついでに代替品1個送っていただけました。が、代替品取得までに時間が空き、その間にLM386で対応したので用無しとなり、長い事放置されています。
参考にならずすいません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://isa.asablo.jp/blog/2010/04/19/5028403/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。