温湿度センサ DHT11を試す。2015/01/29 01:15

温度と湿度が手軽に得られるモジュールを探していた。
秋月で520円程度で売られていた温湿度センサモジュールDHT11を使用した。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-07040/

DHT11により計測された温度、湿度はデジタル出力で得られる。
適当なライブラリを使わないと、データが得られない。
分解能は湿度:1%、温度:1℃。細かい値は得られない。

以下のサイトではDHT11について、あまりよろしくない性能である事の記載があったが、
その事は購入後に知った(泣)。参考程度にわかれば良いとあきらめる。
http://www.geocities.jp/bokunimowakaru/diy/arduino/humidity.html

秋月のDHT11はDF ROBOTという中国の会社がモジュール化した製品であり、
DF ROBOTのサイトに載っているArduinoライブラリをそのまま使用し、
サンプルもそのまま使う事で値が得られる。DATAは4番PINに入れる。
https://www.dfrobot.com/index.php?route=product/product&product_id=174

本体から伸びる線のどれが何なのか、説明情報がなく不親切な感じだが
なんとなく赤=Vdd、黒=GND、緑=DATAとしてつなげてsampleスケッチを動かしてみると
値が得られた。

Lチカ並みのお手軽さなのはありがたい。
VCCは3.3~5.5Vなので、3.3Vマシンでもそのまま使える。
DHT11のデータシートではDATAとVdd間に5KΩ入れる事に
なっているが、モジュール内に内蔵されているようなので無視して使える。