Raspberry Pi RDP接続 日本語keymap適用2015/04/11 02:09

Raspberry Pi にXRDPをインストールしてRDP接続するとキーボードがUSになる。
Shift + 2 キー入力の結果が「@ 」になる。
USキーを日本語キーボードにするための手順がWEBにある。
でもなぜか手順通りやったつもりなのに、うまくいかなかった事が解決したのでメモ。
シロウトがlinuxに手を出すと、想像もつかない所で引っかかる。

参照元
https://xrdp.vmeta.jp/%E3%82%AD%E3%83%BC%E9%85%8D%E5%88%97%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6
http://qiita.com/tsukaman/items/af79cde2a72d64c46261

作業ステップとハマり箇所
(1)RasbianにXRDPパッケージを導入
 →ここは間違えようがない
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade
sudo apt-get install xrdp

(2)日本語キーマップファイルのコピー
 →root権限で実行する事(ハマる)
sudo su -
cd /etc/xrdp
sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini
chmod 644 km-0411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini

(3) /etc/xrdp/startwm.sh ファイルをエディタで編集
 →ここも記載通り。以下を記載して後は#でコメントアウト。

export LANG=ja_JP.UTF-8

. /etc/X11/Xsession

(4) xrdpサービスの再起動
 →これも間違えようがない。
sudo /etc/init.d/xrdp restart


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://isa.asablo.jp/blog/2015/04/11/7608788/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。